ブログトップ

Kyoko-Higa ブログ

kyokohiga.exblog.jp

<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

春のバッグ!

25〜6年前に、
ROSE IS A ROSEのブランドの時、
初めてのアシスタントを務めてくれた,
城山朱美さんの、お城を訪ねてきました.
ラトリエ。エクスキ
Joolieというブランドをしタートして,10年。
すべてが,朱美さんの手創りです。
c0206455_1501514.jpg

ちょうど、春の作品創り、、、、
ミシンには,裏ポケットまで、可愛い配色が隠れていて、
心を浮き浮きさせられます.
c0206455_1532242.jpg

店内に溢れる、サンプルの中から、
好きなバッグを選んで,,,
c0206455_155483.jpg

デザイナーの朱美さんと共に
比嘉流の,素材を選んでいきます.
より派手に,よりカラフルに,,,,
c0206455_1574983.jpg

ポケットの奥、ファスナーの色持ち手の素材、配色、、、、
いつの間にか,,,没頭してしまいます.
そして、、、、
一月程後に、私好みのバッグの誕生.

Joolieのバッグは,朱美さんが、バッグの使い勝手を,研究し、
機能性抜群の美しい,すべて一点ものの、
バッグです.
c0206455_15163240.jpg

このバッグは,2年前にオーダーした優れもの.
世界中、旅の御供です.

今回はボストンバッグを,オーダー!
作り手の心の詰まった作品を身につける嬉しさ。
幸せを感じます.
[PR]
by Kyoko-Higa | 2013-02-11 15:21

IZANAGI

美しさへと誘う本、IZANAGI
c0206455_1314895.jpg

SHISEIDOのヘアーメイクアーティストの
上田美江子さんと,着物アーティストの豆千代さんとのコラボが、
新しいジャポニズムをまとう特集に,感動.
c0206455_134364.jpg

豆千代さんの住む、アムステルダムでの撮影は、
ジャポニズムが際立つ。
着物の美しさは,世界中を虜にする証。
成人式の,着物姿の二十歳の女性達をテレビで見ていると,
品位の無さが、進化していく状況に
着物愛好家としては、
悲しい思いが募っていました.

それを払拭してくれた上田美江子さんは,
私のコレクションのヘアーメークを,
長年にわたり、サポートして下さる,アーティスト。
c0206455_13151226.jpg

素敵な物に出会えて、
頭の中も軽く,なんだか幸せな気分。
ふっと立ち寄った,JAMIN PUECH。
錦鯉のような,素敵なバッグに一目惚れ。
ジャポニズムのニュアンスに満ちた
キュートなバッグは、
着物にぴったり。
c0206455_13224588.jpg

立春は、白椿を,家中に生けて
ジャポニズムに浸る.
c0206455_13241912.jpg

筋子も,白椿を愛でています.
c0206455_1325341.jpg

すべてのつぼみが,開花しそうです。
c0206455_13262530.jpg

外には,紅の椿。
c0206455_13281128.jpg

椿の着物の思い出は、、、、
椿より美しい、ダンサーのMARIさん。
c0206455_13295332.jpg

椿より妖艶な、DJのUNPEIさん。

c0206455_13351077.jpg

洗練された美、美しい春へと、いざなう.
[PR]
by Kyoko-Higa | 2013-02-05 13:39

文化服装学院ファッションコンテスト

母校である文化服装学院の、
ファッションコンテストの、
審査委員長を務めて参りました!
c0206455_18424230.jpg

2548点のデザイン画の中から選ばれた
20点の作品が,立体の作品となり、
ランウエイショー形式で,最終審査が行われる.
c0206455_18464380.jpg

選ばれたデザイン画は,校内に貼り出され、
緊張感が溢れている.
c0206455_18483768.jpg

期待したデザイン画が,
全く違う表現で,がっかりした作品が多く,
大賞には審査員全員一致の、納得の作品が光った.

受賞者は,海外からの留学生の比率が高く、
日本人の意欲と,留学生の意識の高さに
大きな差を感じさせられた.
日本語で,細やかな商品説明、
コンセプト、テーマを理解するに至る
心理まで、奇麗な日本語で語る学生の熱意は、
作品が物語っていた.

c0206455_18594336.jpg

どうしよう、,,日本、、、、
AKBなんて,これ以上見たくもないし、、、、
[PR]
by Kyoko-Higa | 2013-02-04 19:05