ブログトップ

Kyoko-Higa ブログ

kyokohiga.exblog.jp

<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

マイアミ、,,青編

いかにもマイアミらしい,青い空、海。
c0206455_14121536.jpg

マイアミビーチの向かいに浮かぶFisher Islandは、
リゾート地に開発された小さな島です。
24時間、15分おきに,フェリーが,車に乗ったままで、
10分程で島の岸壁に運んでくれます.
レシデンスの許可なしでは,一歩も島には入れません.
安全に守られた天国の様な島の中心には
ゴルフ場があり、周りに、ヤシの木と
コンドミニアムが,海に向かって建てられています.
c0206455_14243156.jpg

島の移動手段は,皆、カートか、歩きです。
カートなら30分程で一周できる小さな島です.
c0206455_14271094.jpg

北側には真っ白なビーチが広がっています.
c0206455_14301874.jpg

カリブ海クルーズに向かう巨大な、
陸地のような船が,時折通過して行きます.
c0206455_14324415.jpg

ビキニとクルーザーも飛び交っています.
たまには,イルカも飛び交います.
c0206455_1437281.jpg

入江に集う大きなクルーザーの周りには
マナテイも集まるので、
速度が厳しく制限され、自然を尊びながら、
共存しているかのようです。
c0206455_1443955.jpg

桟橋では、こんなお魚がばんばん釣れますが、、、、、
ナポレオンフイッシュや、黄色い大きなうつぼ,バラクーダー、
エイ、中くらいのサメなどが、
釣り糸の周りを徘徊しています.
去年は、ロブスターも、岩陰で、釣り?かけました。
c0206455_14525674.jpg

これくらい大きかった記憶がありますが、、、、
ビーチサイドのレストランで、1人前の料理ですが、、、
c0206455_14554244.jpg

2〜3棟に一つずつ、こんなプールがついていて、
夕暮れは、プールサイドで、家族で、のんびり
おしゃべりに花が咲きます.
夜9時頃からデイナータイム、アールデコの町並みの
リンカーンロードに繰り出します。
ここで、典型的な、マイアミに触れる事が出来ます.
ブテイック、レストラン,カフエが建ち並ぶ通りには、
様々な犬種の犬達が、美を競う様に飼い主と共に
散歩しています。見た事無いかっこいい犬がいっぱいです。

光と陰がくっきりと交錯するマイアミ。
成功を勝ち取った光.
その陰でひたすら,労働力として生きる
南米からの移民。
スペイン語を公用語とし、
英語を使えない人も多い。
でも,屈託の無い明るさは,ラテンの血と大きな夢?
成功者の光のパワーが強ければ,強い程
それだけ,アメリカンドリームの夢を目指して
がんばれるのかもしれない。

政情不安のもと、光を保ち続ける事も大変なこと。
New York のSeptember 11,サブプライムローン問題,
巨大ハリケーンカテリーナ, リーマンショック、、、などなど
この10年間、大変な状況がマイアミにも押し寄せました.
好調だった私のファッション ビジネスにも、、、、、、

世の中が平和でないと,何の価値もないファッション。
でも,人は何かを着ないと生きては行けない.
パワーの無い服を着ていても、人はがんばれない.
どうせ着るなら,素敵な服を着て,パワフルに生きた方が素敵!
ファッションには,着る人を、ポジテイブにするパワーと、
マジックが秘められているから。

マイアミでのKYOKO HIGAのファンの声にふれ、
元気になれる服、かっこいい服、、
私でなければ創れない物創りの原点に
戻れそうな気がしています.
[PR]
by Kyoko-Higa | 2011-04-21 17:49

Miami 便り

雪化粧のNew York から、
気温差28度のマイアミに到着.
空港に出迎えてくれた,ビジネスパートナーであり,
家族のような,マリッサとのHUGは
無事で再会出来た感動深いものでした.
震災以降、ニユースで伝えられる日本の惨状は、
絶望的なものばかりで、
まるで戦場から生き延びて、
マイアミにたどり着いたかのような
歓迎を受けました.
c0206455_1691911.jpg

かれこれ、20年近くも行き来している
大好きなマイアミは、何も変わる事無く、、、、、、
ご家族の暖かい愛情と、
明るい太陽と,爽やかな風、青い海とトロピカルな植物が
華やかにお出迎、緊張もほどけてしまいます.
c0206455_16164223.jpg

まずは、プールで、リラックス、、、、、、、
c0206455_16221100.jpg

コーラルゲイブルズというエリアは、
昔、移民のヒスパニックによって、開拓された街です。
地面の石灰岩を切り取って家や街並みを築いた所で、
マイアミのビバリーヒルズと呼ばれている高級住宅街です。
大きなバーニアンの街路樹が
緑のトンネルを永遠に繋いでいるかのようです。
その奥に大邸宅が佇んでいます.
c0206455_16325462.jpg

家の至る所が、植物との共存。
マイナスイオンに満ちあふれています。
大地のエネルギーが伝わる住まいの大切さを感じさせられます.
日本の高層化する住まいと,地震への恐怖が
正比例して行く気がします.
c0206455_16385178.jpg

庭の一角にある
こんこんと湧き出す泉には
カラフルな魚達が、泳いでいます。
石灰岩を切り出した後の凹みに自然に湧き出た泉です。
人魚にでもなって、住み着いてしまいたい!
c0206455_16463214.jpg

ジャスミンが満開。
1日中、香りが漂い、もう、すっかり、、、、、
心身ともに癒されてしまいました.

そろそろ、、、、、、
冒険心が湧いて来て
アリゲーター サファリに出発です.
c0206455_16531592.jpg

マイアミの南に位置する、エバーグレイツには(国立公園)、
鰐、ワニ、わに、、、、、、、、、、、、
アリゲーターがい〜っぱい生息しています。

こんな、3メートル級のアリゲーターが
路肩の草むらにごろごろ、、、、、、、
昼寝?しています.
まずは、2ショット!

c0206455_16525188.jpg

c0206455_16521936.jpg

カフエで、お茶を飲む足元にも
アリゲーターが微笑んでいます.
c0206455_1711647.jpg

そして、ふとした水面の、浮草の隙間にもワニの眼が、、、、、、


c0206455_1737442.jpg

360度見渡す限り広大な湿地帯には、
おびただしい数のアリゲーターや色々な種類の鳥、
豹も生息しているそうです.
そんな自然の中を、
自己責任に於いて、
家族連れでサイクリングを楽しみ、
カヌー、釣りを楽しむ人たちが押し寄せます.
でも、アリゲーターの数にはとても及びません.
自然のパワーに、脱帽!!!!!!!
[PR]
by kyoko-Higa | 2011-04-19 18:21

今年の花見が,素敵でした.

沖縄育ちの私には,日本の花見の文化が、
どうも,しっくりこなかったのです.
それも長年。
美しい桜と、品のない青い大きな(ブルーシート)
美しい桜を愛でるのに、
場所取り、カラオケ、屋台、ゴミの山、、、、、
日本人が変身する、花見のシーズンは、、、、、
どうも,しっくりこなかったのです.
穏やかで,勤勉そうなサラリーマンたちが、
桜の下での変身、、、、、、、
桜のマジックか?と思ってもいました。
でも,今年は,大震災の影響で
花見の自粛.
自然の中で,歩きながら、
立ち止まり,首が痛くなるほど
桜を愛でる事が出来ました.
c0206455_19292939.jpg

青山墓地の桜のトンネルは,毎朝
花吹雪になるまで、
スージーと楽しみました.
c0206455_19322870.jpg


c0206455_1934556.jpg

自然が生けた,ダイナミックな桜のアレンジメント。
古木の腕のような花器。
c0206455_19391892.jpg

ミッドタウンは,桜のスカートを,翻していました。
c0206455_1949363.jpg


六本木ヒルズも,桜のカーペットの上に浮かんでいます.
c0206455_1952396.jpg

c0206455_19573758.jpg

そして,大好きな根津美術館の,竹林の塀で一休みして
大好きな散歩が終わります.

電車、街の照明、色々な物が、
今までの生活の80%の、東京。
明るすぎた夜、便利すぎた交通手段.
もしかして,今までが,過剰で
80%の生活が,大切なのかもしれない.
私は,この自粛した東京が素敵に思います.
[PR]
by Kyoko-Higa | 2011-04-17 20:16

New York での、大震災のチャリテイ イベント

間もなく大震災からひと月が経とうとしています。
1000年に一度という歴史に残る大災害を体験した日本。
世界中の人々が,日本を救う為に様々な
チャリテイーイベントが催されています。
私は,20日過ぎから,New york,Miami と旅してきました.
行き交う人々誰もが日本人と知ると、
大人も小さい子でも、店のひとも、、、
地震のお悔やみの言葉をかけてくれました。
日本人の礼儀正しさ、奥ゆかしさ、
勤勉さ、秩序が保たれた国などなど、、、、
今までに感じた事の無い日本の良い評価を
暖かく感じて,私も,再認識しました.

New york では,時差ぼけと戦いながら
沢山のチャリテイイベントに参加してきました.
c0206455_18503442.jpg

古いビルの地下で催されていた,パフオーマンス。
あらゆる空間で,前衛的なシーンか繰り広げられ
観客が移動しながら観るという設定。
c0206455_18562884.jpg

頭上でのパフオーマンスは,水の中でもがくシーンが、
津波を連想させ,胸が締め付けられる迫力でした。
c0206455_1933725.jpg

ソーホーのトルコレストランで催された 
チャリテイーイベントでは、
New York 在住の日本人のベリーダンサーが中心になり
色々な国のダンサー達が
美しい,幻想的なダンスを披露しました.
その夜は,5000ドル近い義援金が集まったそうです.
c0206455_1913789.jpg

アラビアンナイトを彷彿とさせる
美しい男性のダンス。
エキゾチックな音楽と衣装に
うっとりした素敵なイベントとでした。

自分たちが,今、
被災した人々に出来る事、、、、、、、
国を超えて、繰り広げられる支援の力の輪を体験して、
帰国しました.
c0206455_19345878.jpg

久しぶりの東京は
春の陽気に包まれ
桜の花がまるで,音を立てて咲く気配.
スージーも、
美しい日本の復興を,お祈りしています。
[PR]
by Kyoko-Higa | 2011-04-07 19:52