ブログトップ

Kyoko-Higa ブログ

kyokohiga.exblog.jp

装いは、おもてなし!

1月3日は、日本橋三越の、
知人のイベントへ行ってきました。
京源の初紋祭の告知を見て
それにふさわしい銘仙の着物で出かけました。
c0206455_13511533.jpg

紋切師の波止場承龍さんは、
黒地に銀糸の織り込まれたお着物に、
銀糸の織り込まれた真っ赤な羽織姿!
スワロフスキーの、紋が輝き、感激!
c0206455_13571296.jpg

息子さんは、4代目の紋切り師。
お父様を引き立てるかのような、
ベージュトーンの、粋な装い。
どちらも江戸の粋を、DNAに蓄えているかのように
雅な方々です。
私は、黒赤とベージュの縞の銘仙で、、、、
その色の偶然が、大きなおもてなしと成りました。

実は、、、
c0206455_1443682.jpg

ある夏の暑い日のことでした、、、
波止場内装様に、内装をお願いして最終日に、
着物のお仕事をされている
お兄様に会っていただきたいとの申し入れに、
翌日はいかがですか?と返事。
朝11時のドアを開けて、、、
びっくり!!!
c0206455_14111140.jpg

そこには、お着物の麗人が、
羽織姿で、立っているではありませんか!!!
私は,穴だらけのジーンズに、Tシャツ姿、、、
c0206455_14115442.jpg

江戸時代からのお客様をお招きしたようで、、、
ドキドキワクワクの会話に花が咲き、
『装いは、おもてなし』を学びました。
c0206455_14145937.jpg

しかし、、、確かに今の時代のお方だを実感したのは、、、
スワロフスキーの紋付!
ユニークとモダンと伝統を楽しむ生粋の粋なお二人に、感動いたしました。
c0206455_14172917.jpg

紋を、モダンに展開する京源のクリエイションは、
計り知れないパワーです。
マスピーカー(Maspeaker)は、iponeを立てかけると
スピーカーにはやがわり、、、
美しい音色を響かせる優れものです。
もちろん家紋入りの升としても活用できますが、、、
そんな出会いから、
装いがどれだけ人を感動させることができるのか、を学び、、、
ファッショデザイナーとして
もっともっと、華やぐファッションを、
和も、洋も、クリエイトしていきたいと
感じた出会いでした!
感謝!
[PR]
by Kyoko-Higa | 2016-01-06 14:30
<< ぶらり、タイの一人旅  2016,Happy New ... >>