ブログトップ

Kyoko-Higa ブログ

kyokohiga.exblog.jp

ハワイへのお墓まいり その一。

母方の、親族は、祖父たちがハワイへ移民したため、
私にはたくさんの親戚が、3世に渡って、
ホノルル、ヒロに、住んでいます。
若い頃から、慕っていた叔母と、そのご主人が亡くなられ
その一人息子から、両親の散骨(遺言)をするので
参加するかとの問い合わせがきた。
もちろん、私と姉は、沖縄の家代表で、
ハワイに向かった。
c0206455_1622828.jpg

大きな、アメリカ人の父親と、2世のオキナワンのご夫婦の
最後の後ろ姿の写真を手に、
幼い頃から、親族で出かけた山に向かう。
c0206455_1625152.jpg

ハイヒールを履いてくるな!とのコメントの意味が理解でき笑いながらも厳しい山道を頂上に向かう。
c0206455_16284395.jpg

10代から、80歳の叔母まで、20人ほどが、よろけそうになりながらも、思い出話に花が咲き
ハワイの陽気さに、心も和む。
c0206455_1633397.jpg

家族にとって思い出深い山頂の目的の大きな木のたもとに到着。
c0206455_16341914.jpg

いよいよ散骨を決意する、息子と、奥さん。
こんな、見送り方もあるんだ、、、
皆、涙で、白い粉になった骨を、
山頂に解き放つ。
c0206455_1638172.jpg

お嫁さんが、
What a wonderful world の曲に合わせてフラで見送る。
この景色は一生忘れることがないだろう。
ご冥福を祈る。
c0206455_16404972.jpg

複雑な心境で、下山。
そして一息ランチタイム。
皆で、思い出を語り合いながら、、、、
親族が4代にわたり、こうして集えることの素晴らしさに、
ありがたく思う。
感謝!
[PR]
by Kyoko-Higa | 2015-12-30 16:47
<< HAWAII の親戚との時間。 慌ただしく、あっという間に、2... >>